塾長挨拶

理想の塾とは・・・・

理想の塾とはどんな塾であろうか、
それを追い求めて志学塾を開校しました。
理想の塾とは一言で言えば、
「子供たちのやる気を引き出し、学力を向上させる」
という塾である。
その理想を志学塾は追い求めたいと思います。

とにかく、子供たちがやる気になり、そして学力向上に向けて、
生徒・教師全員が必死になっている、そんな学習塾を作りたいと思います。
そして、子供たちには「夢と努力と挑戦」の精神を
しっかりと持ってほしいと思います。
夢を現実に変える喜びを子供たちには知ってほしいと思います。

そのためには、まず夢をもつこと。
夢は何でもいいと思います。「将来、宇宙飛行士になりたい」
「弁護士になりたい。」「医者になって苦しむ人を助けたい」
というような将来の夢もありますし、
「お金持ちになりたい」「幸せな人生を歩みたい」
という漠然とした夢もありますし、
「かっこよくなりたい・かわいくなりたい」
「モテルようになりたい。」
そんな夢でも良いと思います。
また、身近なところで、
「テストの点数を取りたい」「成績をアップしたい」
という夢もあるかもしれません。

そして、夢を持ったら、それに挑戦をすること。
最初から、無理だとか、不可能だとか思っていれば
夢の実現などありえません。
まずは、挑戦してみること。
その一歩から夢の実現は始まるのです

最後に、諦めずに努力すること。
夢を実現する道は往々にして辛く厳しいものです
しかし、あきらめてはいけません。
夢は必ず叶います。
そのためには、努力を継続することです。
あきらめず、夢が叶うその日まで、夢をかなえる努力をしましょう。


夢と挑戦と努力。
その精神を学問を通じて、子供たちに伝えていきたいと思います。


2005年3月27日
志学塾 塾長
角谷泰之

目標イメージ